製品の軽量化には PP・PE素材を

海外では製品に積極的に
PP・PE素材が使われています。

PP・PEの特徴を活かし
私たちと共に新たな製品を。

テクト本社ビル

PP・PE素材の新たな可能性を私たちと共に

海外では一歩進んだ取り組みが行われています。

PP(ポリプロピレン)の特徴は、軽い・強度が優れている・耐薬品性に優れているなど多くの特徴があり、日本においては、日用品や電化製品、自動車のパーツなど様々な製品に使用されています。
しかし、PP先進国であるドイツやアメリカでは、船や遊具、消防車両用タンクなど日本よりも一歩進んだ形で、PP・PE素材を使用した製品が世に出回っています。
テクトでは、PP先進国を見習い、海外メーカーの機械を取り寄せ、PP製品の製造を手がけています。
PP・PE素材の用途は非常に多岐にわたります。私たちと共にPP・PE素材で新たな製品を生み出してみませんか。

With us
溶接機械

Features

PP・PE素材の
6つの特徴

01

LIGHTNESS

軽量

軽量アイコン

鉄製・ステンと比べ軽量化が可能

02

TOUGH

頑丈

頑丈アイコン

耐衝撃性が高い

03

CHEMICAL RESISTANCE

耐薬品

耐薬品アイコン

吸水率が低く薬液槽にも最適

04

PROCESSABILITY

加工性

加工性アイコン

加工性に優れ受注生産に最適

05

RUST PREVENTION

防錆

防錆アイコン

腐食がなく長期運用が可能

06

ECOLOGY

エコロジー

エコロジーアイコン

リサイクル対象プラスチック

Performance

実証済みのパフォーマンス

耐圧・耐水テスト結果

耐圧・耐水テスト

まずは、設計時にパソコンにて、有限要素法解析を用いて製品の耐圧確認を実施し、各数値が基準値に達していれば、製品を製作します。実際の製品で耐圧テストを、実際の耐圧テスト・耐水テストを行います。

弊社確認済み薬品名 分類 弊社確認済み薬品名 分類
メガフォームF 633T 水性膜 プロフォームS 合成界面活性
ミラクルフォームα+ 合成界面活性 マイティフォーム 3310 フッ化たん白
フォレックスパンS 合成界面活性 エアフォーム 310 たん白

耐圧・耐水テスト

弊社確認済み薬品名 分類 弊社確認済み薬品名 分類
メガフォームF 633T 水性膜 プロフォームS 合成界面活性
ミラクルフォームα+ 合成界面活性 マイティフォーム 3310 フッ化たん白
フォレックスパンS 合成界面活性 エアフォーム 310 たん白

※部材を薬品に72時間静置し、安全を確認しております。

FIRE ENGINE

BOAT

消防車車両用タンク・ボディイメージ

消防車車両用タンク・ボディ

消防車両用タンク・ボディの軽量化に「PP・PE素材」しかも耐久性・衝撃に強い。欧米では古くから樹脂製のタンクが搭載されており、アメリカではPP(ポリプロピレン)製が主流です。

PE製ボート(船)イメージ

PE製ボート(船)

テクトでは、PE素材での船・ボートの製作が可能です。
鉄やRFP素材とは違い、PE素材は環境に優しくリサイクルが可能です。
海外メーカーの設備を導入しており、溶接と溶着をあわせることで機密性と高強度を実現しています。

設計イメージ

Design

設計

社内には、設計担当が在籍

テクトでは、加工性に優れているPP・PE製品に対し、強度等を考慮した上で設計することも可能ですので、このような製品をPP素材化したいというご要望がございましたらお打ち合わせを元に設計いたしますので、ご相談ください。
もちろん、図面を持ち込んでいただき設計図通りの製品を製作するこも可能です。

消防車両タンク

消防車両ボディ1

消防車両ボディ2

Facility

設備

PE加工技術の高い
海外メーカーの機械を使用

PP・PE加工では、PP加工の先進国であるドイツの「WEGENER」社の機械を使用しています。
「WEGENER」社の機械は、最適な熱加減で加工することが特徴です。
溶接ではなく、溶着することで製品自体が一体化となり、強い強度が保つことが可能になります。
そんな「WEGNER」社の機械を、曲げ機と溶着機を所有しており、幅広いPP・PE加工に対応し、製品にとって重要な製品強度を高めています。消防車ボディーなど、複雑な形状にも対応可能ですので、お気軽にご相談ください。

Works